Home » 記事一覧

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

‘金投資とは’ Category

金投資のリスク分散

金投資のリスク分散 金は株式や国債などの金融商品と違い そのものに価値がある商品です。 金は、ただ持っているだけでは利息はつきません。 金価格は世界情勢や為替などの影響により 日々変わるので、安い時に買って高い時に売れば その差額が利益になるシンプルな投資方法です。 株式やFX、国債などの金融商品のような 積極的に資産を増やす運用ではなく 大切な資産が失われてしまう万が一の場合に備えて、 その一部を金で持っておくという人が多い言われています。 金投資は、なるべく安い時に購入することがポイントと 言えるでしょう。 金が安いときに購入すれば値上がりによって得られる 利益率は高くなるとはいえ 日々の変化しつづける金価格を監視し、買い時を 見極めるのは不可能に近いです。 ですので、今金が安いと言って、大量に購入するのは やめましょう。 金の値動きで利益を出すには、購入する時期を分散することが 重要です。外貨預金などの金融商品を購入するときに使われる、 毎月一定の金額で継続して購入することによって 価格変動リスクを分散させるような投資方が最適です。 まさに、これを利用しているのが ドル・コスト平均法による純金積立の投資です。 時期をずらしながら何度かに分けて購入するやり方です。

金投資の手数料

金投資の手数料 金の現物を売買するには、手数料が必要。 金1gの価値は、どの商品でもすべて同じ、しかし、 売買時の価格や手数料が異なる。 金地金は最も小さくて5gから買えますが、 500g以下の売買には、1枚あたり数千円の手数料が必要です。 小さな金地金を何枚も購入したり販売したりすると 手数料だけで数万円になる場合もあります。 また、金地金を購入する際は、どこから購入するかが重要。 別の会社で購入した金を売る場合は、査定料や手数料がかかったり 買い取りしてくれない場合もあります。 金は購入したお店で売ることが原則です。 何十後まで信頼できる会社を選ぶ必要があります。 手軽に始められる純金積立も毎月の購入代金に対して 手数料があったり、年会費が必要な場合もあります。

金投資の選択肢

金の現物投資は3種類 金地金(まとまった金額) 地金型金貨(小口の資産運用) 純金積立(少額から一定額を投資) 金地金 田中貴金属などの地金商や住友金属鉱山のような鉱山会社で 購入する。その際は、刻印を忘れずに確認すること。 地金型金貨 オーストリアのウィーンハーモニーやカナダのメイプルリーフなど 各国の造幣局によって発行されています。地金商の他、 コインショップなどで購入できる。 純金積立 地金商、銀行や証券会社で扱っており、 毎月一定の資金で買える金を自動的に買い付け保管してくれます。

スポンサードリンク

Copyright(c) 2011 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.