Home » 記事一覧

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

‘金投資比較’ Category

金投資の種類

金投資の種類 ●現物 ・金地金 5g〜1kgなどさまざまな種類がある金の現物。 品位やブランドの刻印がその価値を証明している ・金貨 メイプルリーフ金貨(カナダ) カンガルー金貨(オーストラリア) ウィーン金貨(オーストリア) ・純金積立 毎月一定額を投資して、金の継続購入できるシステム。 ●金価格に連動する金融商品 ・金ETF(上場投資信託) 金価格に連動する投資信託。 金の現物の裏付けがあり、実際に金と交換できるものと できないものがある。 ・金連動CFD(差金決済取引) 金の先物価格に投資することが可能。 金先物取引と同じ仕組みで、レバレッジを設定できる。 現物を購入することなく、買値と売値の差額を得る取引

金投資の選択肢

金の現物投資は3種類 金地金(まとまった金額) 地金型金貨(小口の資産運用) 純金積立(少額から一定額を投資) 金地金 田中貴金属などの地金商や住友金属鉱山のような鉱山会社で 購入する。その際は、刻印を忘れずに確認すること。 地金型金貨 オーストリアのウィーンハーモニーやカナダのメイプルリーフなど 各国の造幣局によって発行されています。地金商の他、 コインショップなどで購入できる。 純金積立 地金商、銀行や証券会社で扱っており、 毎月一定の資金で買える金を自動的に買い付け保管してくれます。

安心の金資産運用

安心の金資産運用 今、銀行に預けている現金の利息はほとんどつきません。 お金を少しでも増やしたいなら、金融商品を選んで、投資するしかありません。 一般的な投資先としてFXや株式投資があります。 元気があるときは、利益も大きいですが価格が下がるというリスクもあります。 投資した会社や国が破綻すれば、そのお金はゼロに なってしまいます。 それに比べて金投資は、価格は日々変動しますが その価値がゼロになることは決してありません。 今でこそ、金をそのまま交換できるものはありませんが世界中どこでも同じ価格で現金化することができる 独自の市場を形成しています。金は、世界通貨であるということです。

スポンサードリンク

Copyright(c) 2011 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.