Home » 記事一覧

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

‘金投資リスク’ Category

金投資で安全な投資

金投資で安全な投資 日本では資産を「預貯金」「不動産」「株式」に分散して 運用する財産三分法が一般的な考え方です。 しかし、近年の日本を取り巻く経済状況は、 その考え方を改める時期にきています。 今では銀行にお金を預けても利息はほとんどつきません。 1000万円を超える元本+利息は保証されません。 不動産や株式、外貨などの資産を効率的に運用しつつ リスクを回避することが大切です。 外貨ならドル、ユーロ、円それぞれ持っていれば 信用不安による問題でどれかが下落しても バランスをとって他の通貨が上昇します。 今なら経済不安でドルが下がり、ギリシャ問題で ユーロが下がった分、円が値上がりしています。 国内の不動産や株式だけで運用していると 日本の景気が悪くなったとたんにあらゆる資産の価値が 下落する危険があります。 海外の有価証券や金などの現物資産も考えて さまざまな金融商品で資産を守ることが大切です。

金の税金

金の税金 金は持っているだけなら税金は一切かかりません。 売却して利益が出た時には、その分に課税されます。 金の購入時に消費税がかかります。 しかし、この消費税分は売却時に返却されます。 売却時に消費税率が引き上げられていれば その分だトクになります。 例えば1万円の金を購入。 消費税5%なので実際は1万500円です。 この金を売却時の消費税率が戻ってくるので、 消費税率5%→500円が戻ってくる。 消費税率15%→1500円が戻ってくる。 今後、大幅な消費税の増税が見込まれる中、 金投資は有効な消費税対策のひとつです。 消費税が引き上げられる前に、当面使わない資産を 金にしておくのがオススメです。

USドルと金の関係

USドルと金の関係 金の価格の指標はUSドルです。 USドルが上昇していれば、金価格が下がり 逆にドルが下がれば金の価格が上昇します。 金は為替や株式と逆の値動きをするといわれますが その理由のひとつに金は現物資産であり 信用リスクとは無縁です。 世界の投資マネーは、利回りのいいUSドルや株式市場などへ 集まりやすい傾向にあります。 アメリカの景気が悪いとUSドルが下降し、信用が低くなるので 信用リスクのない金に注目が集まります。

スポンサードリンク

Copyright(c) 2011 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.