Home » 記事一覧

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

‘金投資情報’ Category

実質年利15%!デパート「友の会」積立

この低金利時代に年8%を超える“金融商品”がある。 「全国の有名デパートが実施している『友の会』という積立システムです。たとえば毎月1万円ずつ積立てると12カ月後に1カ月分の積立金額がボーナスとしてプラスされ、13万円の商品券が受け取れます」(流通ジャーナリスト・金子哲雄さん)  8%程度なら家電量販店のポイントの方が得なのでは? 「12万円の元本が1年で13万円になるため、見かけ上の年利は約8.3%ですが、1年間預けるのは最初の1万円だけで、最後の1万円は1カ月しか預けません。そのため、実質年利は15%を超えます。積立てたデパートでしか利用できないというデメリットはありますが、ブランド品(一部商品を除く)が割引で買えたり、毎年デパートからお歳暮やお中元を送っている人にも利用価値は高い。また会員になるとホテルやレストラン、人間ドックなどが特別料金で利用できる特典もあります」(経済ジャーナリスト・荻原博子さん)  当然、会員は急増中。 「4月は前年同月比+16%を記録。最近は男性会員が増加。毎月3万円、5万円の高額コースを利用して高級腕時計を買う方が多いです」((株)高島屋・広報IR室)  1年も待てないという人には半年コースもある。 「ボーナスが2000円つく『5000円6カ月満期コース』を新設したところ、計画の1.5倍もの会員が集まりました」(大丸松坂屋を運営するJ.フロント リテイリング(株)グループ広報・IR担当)  デパート以外の積立もある。 「JTBやHIS、ANAなどには『旅行積立プラン』があります。年利は1年積立で1.75~3%と『友の会』には及びませんが、銀行金利と較べたら桁違い。ANAマイレージクラブの会員なら、年利5%という高利率の『6カ月満期コース』も利用できます」(前出・金子さん)  本格的金融商品もあるが、 「毎月一定額で純金を購入していく『純金積立』や、株を少しずつ買い足していく『るいとう(株式累積投資)』という商品もあるにはありますが、相場物ですから利益が得られる保証はありません」(前出・荻原さん)

米ヘッジファンドのポールソン、第2四半期に金ETFの保有引き上げ

米ヘッジファンドのポールソン、第2四半期に金ETFの保有引き上げ [ニューヨーク 14日 ロイター] 米大手ヘッジファンド運用会社ポールソン・アンド・カンパニーは、第2・四半期に、金に裏付けされた上場投資信託(ETF)「SPDRゴールド・トラスト」の保有を引き上げた。米証券取引委員会(SEC)への14日の届け出で明らかになった。6月末時点の「SPDRゴールド・トラスト」の持ち高は2180万口。3月末時点の1730万口から約26%増加した。持ち高を拡大させたのは2009年第1・四半期以降初めてとなる。ジョージ・ソロス氏も、金に裏付けされたETFの持ち高を2倍以上に拡大している。一方、イートン・パーク・キャピタルは第2・四半期末に持ち高を解消している。第1・四半期末時点でイートン・パークの「SPDRゴールド・トラスト」の持ち高はポールソンに次いで高水準だった。

スポンサードリンク

Copyright(c) 2012 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.