Home » 金投資ブログ » 金相場の推移の最新NEWS

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

金相場の推移の最新NEWS純金積立なら金投資初心者ブログ

category : 金投資ブログ 

金相場の推移について調べてみました。

Q:金相場のからくり金・白金・銀の価格について、円が90円と言う為替相場で日本国内では、全ての物価がデフレでダウンする中、例外的に金・白金・銀の価格が吊り上っている。これは変です。09/9月には円が90円になった場合、自動的に今までよりも金銀相場が相対的に安くなるのが自然であるのに、円高につれて自動的に日々高くなっているから疑問に思うのです。国際相場で人為的な操作があるのか、それとも信用ガタ落ちでダウンした米国のドルを通して日本の商社が輸入している為かとも思われる。詳しいカラクリは不明だが、例えば強い円で直接原産地から買えばいいのに、ユダヤ・ロスチャイルドを通じてロンドン市場に出てきた商品としての金を、更に米ドルで日本商社が買っているから高く買わされているのではないかと思う。例えば円相場の推移——1990年に160円。09/9月は90円と、2倍近くにアップ。金相場の推移—– https://www.dai-ichi.co.jp/gold/compare.aspによれば、1990年にg1000円。09/9月はg3000円と、3倍にもアップ。これは円相場とは逆行であり矛盾です。g1000円の金を今の円ならg500円で買えなければ、相場の信頼性を疑うべきだ。金銀は此れまで「インフレヘッジ」商品と言われてきた。金利さえも出ないほど超安定価格であったからです。其れが今は実質500円のものが、6倍の3000円にも暴騰してしまった。その陰にはユダヤの商人たちの暗躍があるからではないか。金鉱山は生産コストが高くて採算割れになり、閉山して、金生産が落ちている。だから高くて当然と業者は云うのです。実際はどうなのか。イギリス市場を通してドルかポンドでなければ決済できないシステムとして、独占販売と言うカラクリを作り、それに逆らって増産する鉱山があれば暴動を起こさせたり閉山に追い込んでいるのではないか?詳しいカラクリは知る由もないが、この冒頭の裏にはそんなカラクリが見える気がするのですが、どうして6倍の価格になったかをご存じの方があれば日本の皆さまのために教えてください。
A:シャトームートンのラウンドテーブルで、年代物のボルドーワインを傾けながら世界を掌で転がしている人たちがいるから。世界の歴史を好きなように組上げることの出来る力をもってすれば、金価格など思いのままさ。ロンドンと東京で複雑な連立方程式を解いて、裁定取引を行っているからだと思います。

Sponsored Link



この記事を読んでいる人は
他にこんな記事も読んでいます。

Copyright(c) 2012 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.