Home » 金投資FAQ » 投資信託 分配金 生活の基礎知識

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

投資信託 分配金 生活の基礎知識純金積立なら金投資初心者ブログ

category : 金投資FAQ 

投資信託 分配金 生活のことがなんとなく気になりませんか?

Q:主人の残してくれたお金2500万円を三年ぐらい前から投資信託に入れその分配金のお陰でわずかな年金生活のなか、旅行や欲しいものなど、あり難い目をさせてもらってきましたが、今回の経済不況で、分配金は同じ様に入って来ていましたのでのんびりかまえていましたところ、先日証券会社から、1600万円まで落ちこんでいると通知があり愕然としました。もうどうしょうもないのでしょうか、何か少しでも、お金が入って来るような商品はないものでしょうか、色々聞きますが何かもうひとつ信用できなくて、勝手な変な質問で申し訳ありませんが1600万円は解約し分配金がはいらなくなり少しの年金でどうしたらいいものかと眠れない日がつづきます、どんな事でもいいですから、教えてくださいお願いします78歳の一人暮らしの年寄りです
A:相場が上がるか下がるかは神様にしか分かりません。900万円の損を受け入れたのは辛かったでしょうが、私は賢明な判断だったと思いますよ。あなたが私の母親でも、解約を勧めたと思います。あまりご自分を責めないこと。今回の経済変動では、投資の神様ウォーレン・バフェットさんですら1兆円以上損をしています。まず資産家の方で損をしていない方は皆無だと思います。今の日本の状況(低金利で、世界中で円の価値が一番高くなっている状況)では、運用は非常に難しい。つまり、分配金がたくさん入って来るような商品は危ないということです。なぜなら、その商品はよっぽどのリスクを取っているはずだからです。実は、なるべく年金の範囲で生活して、特に必要な場合は、1600万円を少しづつ切り崩すほうが、安全で案外お得なのです。ものは考えよう、900万円の授業料で、1600万円の賢い生かし方を学んだと思えばいいのです。もちろん使わない間は、高金利(1%以上)の定期預金に預ければ、そこそこの金利も付きます。もちろん、ペイオフに備えて1000万円以上は他の銀行に分散する必要があります。くれぐれも、分配金に目をくらませて、二度と金融商品になどお手をお出しになりませんように。うまい話には必ずウラがあり、多額の分配金には必ず多大なリスクが潜んでいますので。それにしても、お年寄りに金融商品を勧めるような人間に腹が立ちます。金融商品とは、働いて稼げる人間が買うべき物です。稼げれば、損しても稼ぎで取り返せるからです。稼ぎで取り返すのが困難なお年寄りは、定期預金か、国債など安全性の高い国内債権(償還時まで保有、市場取引はしない)にすべきであり、これなら、元本が割れることなどあり得ないのだから。

Sponsored Link



この記事を読んでいる人は
他にこんな記事も読んでいます。

Copyright(c) 2011 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.