Home » 記事一覧

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

‘株式’

金投資で安全な投資

金投資で安全な投資 日本では資産を「預貯金」「不動産」「株式」に分散して 運用する財産三分法が一般的な考え方です。 しかし、近年の日本を取り巻く経済状況は、 その考え方を改める時期にきています。 今では銀行にお金を預けても利息はほとんどつきません。 1000万円を超える元本+利息は保証されません。 不動産や株式、外貨などの資産を効率的に運用しつつ リスクを回避することが大切です。 外貨ならドル、ユーロ、円それぞれ持っていれば 信用不安による問題でどれかが下落しても バランスをとって他の通貨が上昇します。 今なら経済不安でドルが下がり、ギリシャ問題で ユーロが下がった分、円が値上がりしています。 国内の不動産や株式だけで運用していると 日本の景気が悪くなったとたんにあらゆる資産の価値が 下落する危険があります。 海外の有価証券や金などの現物資産も考えて さまざまな金融商品で資産を守ることが大切です。

金投資のリスク分散

金投資のリスク分散 金は株式や国債などの金融商品と違い そのものに価値がある商品です。 金は、ただ持っているだけでは利息はつきません。 金価格は世界情勢や為替などの影響により 日々変わるので、安い時に買って高い時に売れば その差額が利益になるシンプルな投資方法です。 株式やFX、国債などの金融商品のような 積極的に資産を増やす運用ではなく 大切な資産が失われてしまう万が一の場合に備えて、 その一部を金で持っておくという人が多い言われています。 金投資は、なるべく安い時に購入することがポイントと 言えるでしょう。 金が安いときに購入すれば値上がりによって得られる 利益率は高くなるとはいえ 日々の変化しつづける金価格を監視し、買い時を 見極めるのは不可能に近いです。 ですので、今金が安いと言って、大量に購入するのは やめましょう。 金の値動きで利益を出すには、購入する時期を分散することが 重要です。外貨預金などの金融商品を購入するときに使われる、 毎月一定の金額で継続して購入することによって 価格変動リスクを分散させるような投資方が最適です。 まさに、これを利用しているのが ドル・コスト平均法による純金積立の投資です。 時期をずらしながら何度かに分けて購入するやり方です。

スポンサードリンク

Copyright(c) 2011 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.