Home » 記事一覧

管理者:ケイスケ

スポンサードリンク

リンク

特集

PR

人気記事

注目ワード

‘純金積立’

実質年利15%!デパート「友の会」積立

この低金利時代に年8%を超える“金融商品”がある。 「全国の有名デパートが実施している『友の会』という積立システムです。たとえば毎月1万円ずつ積立てると12カ月後に1カ月分の積立金額がボーナスとしてプラスされ、13万円の商品券が受け取れます」(流通ジャーナリスト・金子哲雄さん)  8%程度なら家電量販店のポイントの方が得なのでは? 「12万円の元本が1年で13万円になるため、見かけ上の年利は約8.3%ですが、1年間預けるのは最初の1万円だけで、最後の1万円は1カ月しか預けません。そのため、実質年利は15%を超えます。積立てたデパートでしか利用できないというデメリットはありますが、ブランド品(一部商品を除く)が割引で買えたり、毎年デパートからお歳暮やお中元を送っている人にも利用価値は高い。また会員になるとホテルやレストラン、人間ドックなどが特別料金で利用できる特典もあります」(経済ジャーナリスト・荻原博子さん)  当然、会員は急増中。 「4月は前年同月比+16%を記録。最近は男性会員が増加。毎月3万円、5万円の高額コースを利用して高級腕時計を買う方が多いです」((株)高島屋・広報IR室)  1年も待てないという人には半年コースもある。 「ボーナスが2000円つく『5000円6カ月満期コース』を新設したところ、計画の1.5倍もの会員が集まりました」(大丸松坂屋を運営するJ.フロント リテイリング(株)グループ広報・IR担当)  デパート以外の積立もある。 「JTBやHIS、ANAなどには『旅行積立プラン』があります。年利は1年積立で1.75~3%と『友の会』には及びませんが、銀行金利と較べたら桁違い。ANAマイレージクラブの会員なら、年利5%という高利率の『6カ月満期コース』も利用できます」(前出・金子さん)  本格的金融商品もあるが、 「毎月一定額で純金を購入していく『純金積立』や、株を少しずつ買い足していく『るいとう(株式累積投資)』という商品もあるにはありますが、相場物ですから利益が得られる保証はありません」(前出・荻原さん)

金投資の種類

金投資の種類 ●現物 ・金地金 5g〜1kgなどさまざまな種類がある金の現物。 品位やブランドの刻印がその価値を証明している ・金貨 メイプルリーフ金貨(カナダ) カンガルー金貨(オーストラリア) ウィーン金貨(オーストリア) ・純金積立 毎月一定額を投資して、金の継続購入できるシステム。 ●金価格に連動する金融商品 ・金ETF(上場投資信託) 金価格に連動する投資信託。 金の現物の裏付けがあり、実際に金と交換できるものと できないものがある。 ・金連動CFD(差金決済取引) 金の先物価格に投資することが可能。 金先物取引と同じ仕組みで、レバレッジを設定できる。 現物を購入することなく、買値と売値の差額を得る取引

金投資の選択肢

金の現物投資は3種類 金地金(まとまった金額) 地金型金貨(小口の資産運用) 純金積立(少額から一定額を投資) 金地金 田中貴金属などの地金商や住友金属鉱山のような鉱山会社で 購入する。その際は、刻印を忘れずに確認すること。 地金型金貨 オーストリアのウィーンハーモニーやカナダのメイプルリーフなど 各国の造幣局によって発行されています。地金商の他、 コインショップなどで購入できる。 純金積立 地金商、銀行や証券会社で扱っており、 毎月一定の資金で買える金を自動的に買い付け保管してくれます。

スポンサードリンク

Copyright(c) 2012 純金積立なら金投資初心者ブログ All Rights Reserved.